輝凛(きりん)

記事一覧(22)

加賀虎の穴(トークイベント2日目編)

2018年2月17日、2月18日、DIR EN GREYの薫さんのお誕生日(2/17)に合わせて開催された、石川県・加賀温泉でのお泊りプラントークイベント、「加賀虎の穴 湯けむり編」に参加してきました。 完全に俺日記、イベント開始前までのお話は、こちら。  → 加賀虎の穴(参加前~トークイベント開始前編) そして、初日のトークイベントなどについて書いたものは、こちら。  → 加賀虎の穴(トークイベント初日編)さらに、2日目の両日参加者特典でもあった、金箔貼り体験の時の話はこちら。 → 加賀虎の穴(金箔貼り体験参加編)全てのブログに共通して書いていますが、もう、リラックスしすぎちゃって、すっごく気持ちよくて、気分よくて…。 
何でなのか分からないんですが、薫んが近くにいると、すっごくリラックスできる自分がいました。そして、1人参加での「5人相部屋プラン」てのが、すごく不安だったけど、同室の方々、4人ともに恵まれて、すっごくリラックスできた、素でいられました。 
…そんな影響もあってか、すっごく自由度高く行動してしまったのがこの2日目…。 
本当すみません…(^^;
 もう、私はきっと、「子供らしさ」が良い部分でも、悪い部分でもしっかり残ってしまっているのだろうとしか思えないです…。そして、実はそんなリラックスムードでしかなかったため、気負いもなく、「覚えておかなきゃ!」な気合も一切入っていなかったので、トークイベントのことは大して覚えてなかったりします。加えて、しっかり覚えているんだけども、私の中にしっかり仕舞っておきたい、ネットで不特定多数の方と共有してもOKとはちょっと思えないようなことはあえて書かずにいようと思いますので、「そこから先は!?」と思うようなことがあったらごめんなさい。ということで、2日目のトークイベントについて、思い出せるものをランダムに書き残しておきます。

加賀虎の穴(金箔貼り体験参加編)

2018年2月17日、2月18日、DIR EN GREYの薫さんのお誕生日(2/17)に合わせて開催された、石川県・加賀温泉でのお泊りプラントークイベント、「加賀虎の穴 湯けむり編」に参加してきました。完全に俺日記、イベント開始前までのお話は、こちら。 → 加賀虎の穴(参加前~トークイベント開始前編)そして、初日のトークイベントなどについて書いたものは、こちら。 → 加賀虎の穴(トークイベント初日編)そして今回は、2日目のことを思い出せることで書いてみます。もう、リラックスしすぎちゃって、すっごく気持ちよくて、気分よくて…。2本のブログにも書いていますが、薫んが近くにいると、すっごくリラックスできる自分に不思議さがありましたし、そしてホテル到着するまでは、1人参加での「5人相部屋プラン」てのが、すごく不安だったけど、同室の方々、4人ともに恵まれて、すっごくリラックスできた、素でいられました。…そんな影響もあってか、すっごく自由度高く行動してしまったのがこの2日目…。本当すみません…(^^;そして、しっかり覚えているんだけども、私の中にしっかり仕舞っておきたい、ネットで不特定多数の方と共有してもOKとはちょっと思えないようなことはあえて書かずにいようと思いますので、「そこから先は!?」と思うようなことがあったらごめんなさい。2日目は本当に色々あったので、分けて書いておこうと思います。今回は、トークイベント前の、金箔貼り体験のことを中心に。

加賀虎の穴(参加前~トークイベント開始前編)

2018年2月17日、2月18日、DIR EN GREYの薫さんのお誕生日(2/17)に合わせて開催された、石川県・加賀温泉でのお泊りプラントークイベント、「加賀虎の穴 湯けむり編」に参加してきました。最終的にはめっちゃくちゃ楽しくて、約1ヶ月経った今でも、全くロスにならないくらい、余韻に浸りまくれているくらい、楽しい2日間でした。が、もう、トークイベント開催の時から、「覚えておきたい」という気負いどころか「薫んがこんなに近くで見られてドキドキする…!緊張する…!」が、一切起きませんでした(^^;。その代わりなのか、むしろすっごいリラックスできちゃったんですよねぇ…。薫んが同じ空間にいると、すっごく居心地よくて、ふわっとした、優しい温かい毛布に包まれているみたいな感覚で、自宅にいる時よりもリラックスできました。薫んが近くにいればいるほど、リラックスできたというのが、正直な感想。いい意味で存在が気にならない、「いて当たり前」なくらいの、「家族なの?」くらい、私には自然な空気に感じてしまって…。この感覚、何なんだろう。数年前まで、えっらい緊張したのを覚えているのは、単行本「読弦」のトーク&サイン会の時だったから、約3年前(2年半前)かな?は、すっごい緊張して、吐きそうだったのに(^^;そして、言い訳がましく先に書いておきます。家族との話とかって、大して覚えてないじゃないですか(^^;加えて「覚えておきたい」という気負いがなかったのと、本当にリラックスしすぎてしまって…。大して内容は覚えていないので、それに期待していた方は、どうぞ、ブラウザを閉じてください、ごめんなさい…。それでも、いろいろ書いておこうかな、って思うので、お時間ある方はどうぞ。何回かに分けて書きます。今回は開催発表からトークイベント開始前までのお話です。

TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of VULGAR] 名古屋

2016年6月3日(金)。今年2月の武道館ライブで発表された、今までリリースされたアルバムを冠したショートツアーが来年まで続く、”TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ ”の第1弾として、TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of VULGAR]の初日が、Zepp Nagoyaにて開催。いよいよ、 [mode of VULGAR]が始まりました…!このアルバム「VULGAR」について、その当時の振り返りや写真も含めたCDレビュー的なものを、こちらの記事に書かせて頂いたので、ご興味がある方はこちらを→■今回のツアーは、現時点では1会場のチケットが入手できていませんが、残りは確保できていますので、とにかくお金がかかる(笑)。頼まれて「来てくれ」と言われているのではないし、勝手に行くのだから、可能な節約はしたいということで、今回の名古屋は昼便の高速バスで向かいました。バスの発着場所は会場のすぐ近く。ツアーグッズの先行販売があったので、気になっていたストールを見に行きました。結果「売り切れ」だったので(きっと先行販売など、区切られた時間内での売り切れという意味です)買えなかったのですが「きっとこれは買わなくても大丈夫、っていうことだわ!」と前向きに捉えました(笑)。個人的にはあのストール…。デザインとか大きさはいいのですが…。通気性は高そうでも、吸水性は悪そう。ストールの生地ではなく、スカーフの生地を使っているよね…。夏場のストールは綿や麻など、吸水性があった方がいいのになぁ、と思ったのもあり、きっと今回のツアーグッズは何も買わないままかもしれません、大好きなVULGARであっても(^^;そんな今回のツアー看板。