VULGAR / DIR EN GREY

VULGAR / DIR EN GREY

 (2003.09.10 RELEASE)

  1. audience KILLER LOOP
  2. THE IIID EMPIRE
  3. INCREASE BLUE
  4. 蝕紅
  5. 砂上の唄
  6. RED…[em]
  7. 明日無き幸福、呼笑亡き明日
  8. MARMALADE CHAINSAW
  9. かすみ
  10. R TO THE CORE
  11. DRAIN AWAY
  12. NEW AGE CULTURE
  13. OBSCURE
  14. CHILD PREY
  15. AMBER

CDレビューを書いてみようかと。

2003年9月に発表された、DIR EN GREY、4枚目のアルバムです。

私が一気に彼らに熱を上げた(笑)記念すべき(?)アルバム。

このアルバムからToshiyaのベースが飛躍的に良くなって、京くんの歌い方もさらに低音の深みが増して、レンジが広がってきた来たような印象がありました。

見た目ではなくて、音楽的に「脱ヴィジュアル系」というか、ヴィジュアル系のカテゴリーで判断されて、聴く機会を逃している人がいるのだとしたら「非常にもったいない!」と思えるくらい、音楽的にも飛躍した作品だと個人的には捉えています。

収録曲を見ても、今でもライブでは定番だったりする曲、盛り上がることが必至!という曲が多く収録されています。

が、この「VULGAR」に収録されている「OBSCURE」を聴くと、「あれ?こんなにテンポが遅かったっけ?」と感じてしまいますね。

恐らく「OBSCURE」はライブを重ねるごとに加速していったのでしょうね(笑)。



私が好きな曲

  1. MARMALADE CHAINSAW
  2. かすみ
  3. DRAIN AWAY
  4. INCREASE BLUE
  5. AMBER

やっぱり「MARMALADE CHAINSAW」は私の中では「VULGAR」の中での最大の代表曲というか、キラーチューンというか、「VULGAR」といえば、「MARMALADE CHAINSAW」が真っ先に連想されるくらい、印象が強い曲で、とても好きな曲です☆

かすみ」は、薫んのギターの音、ギターの弾き方が全般的に好きです。

イントロで三角形を描くように弾くギター、アルペジオなどなど、彼のギターの繊細な美しさやクリアな音、ゴリゴリした音や、詰まるような音、いろんな要素があって、聴いていて飽きないし、表情が豊かに感じてすごく好きです。

DRAIN AWAY」は曲のキレイさも好きだし、京くんの歌詩、言葉の組み合わせ方がキレイで文学的だなぁ、と思えて好きです。

INCREASE BLUE」は曲のリズムが好きですね。跳ねるような感じがして好きで、この曲を聴くと、この「VULGAR」でのツアー、2003年10月5日に東京国際フォーラム・ホールAでのライブがあって、下手側、薫んがよく見える場所にいたのですが(17列目くらいかな?)、その時の薫んの衣装だったり、諸々がすごくカッコよかった印象があって、この「INCREASE BLUE」の時がすごくカッコよかった、という想い出があります。もう10年以上経つのに、なぜかこの曲を聴くと、このライブのことを思い出します。

AMBER」は曲の儚さ、歌詩の儚さが見事にマッチしている気がしていて、好きですね。

歌詩にある「名前さえ分からない君へ」という部分は、まるでミュージシャン側から見た「あぁ、あの子いつもライブに来てくれてるなー」と、顔を覚えているファンへの言葉のようにも感じるし、SNSだったりメル友だったりなど、ネット友達やネット恋愛のようなものも感じて、それもまた「儚い関係」に思えたりするのです。


ツアーの想い出

TOUR03 OVER THE VULGAR SHUDDER

このツアー、何がビックリしたって、初日(FC限定ライブ)とその翌日(ツアー初日扱いなのかしら?)が、私が住んでいるお隣の市の、寂れた文化会館(伊勢原市文化会館)だったってことですよ(爆)。

ビックリした。自宅最寄駅から電車で10分で行ける場所で2日間、しかもツアー初日と2日目がそこでやるんかーい!!みたいな(苦笑)。

周囲、畑でしかない(^^;。農協も近ければ、ブドウ畑とかもあったはず。

当時、都内まで通勤していたり、高校も電車通学だったのですが、「仕事に行くより、むしろ高校よりも近いわ」と思ったものです。

2日目なんて、17時開演だったので19時には終わってしまい、本厚木(高校はここまで通っていました。今でも頻繁に行く場所です)で友達と飲んでから帰りました。

やー、また、近場でやってくれないかなー、って無理だろうなぁ(苦笑)。

そしてこの頃の私。

本当、自制心が効かないくらいに狂っていたので、おかしかったですね。

高速バスや夜行列車、鉄道の日のきっぷ、格安飛行機チケットなどなど、交通機関を使う手段を極力安くして、そして仕事も楽しかったので休みたくなくて、仕事をしているかライブに行っているか、という、ハードスケジュールを余裕でこなしていました。

全通までは行かなかったけど、公演全体の2/3は行っていた記憶があります。

そう。

2003年10月15日、桐生市市民文化会館に向かっている途中、電車の窓の外に見える風景が、どんどん暗くなっていき、あまり街灯がない地域なのか何なのかで、「わー、私、どこに連れて行かれるんだろう…」と不安な気持ちになったりもしました(^^;


パソコンのフォルダから、ツアートランポの写真が出てきました。

ガラケーで撮ったものだと思うので、画素はきっと粗いですが…。

TOUR04 THE CODE OF VULGAR[ism]

思い出したくないくらいに、本当に自制心が外れまくっていた時期のツアーですよ…(苦笑)。黒歴史だなー、この頃の応援の仕方。アホでしかなかった(^^;

2004年3月27日の富山CLUB MAIRO。大抵会場に行くと、事前に連絡を取り合わなくても、誰かしら知り合いなり友達がいるんですよ。友達の友達とか、そういう人でも。

でも、この日は本当に誰もいなくて。

その日に発した言葉がライブ中の「薫ー!」と、夕飯を食べた時に店員にオーダーをした時だけっていう、虚しさ(爆)。

まぁ、一人でも遠征はしますよね、ライブが見たかったら行く。それだけですから。

2004年4月12日、神戸チキンジョージは、近くの可愛らしいホテル(モントレ系列)をちゃんと予約していたのに、朝まで飲んでいた、しかも神戸に来て沖縄料理屋とカラオケボックスで飲んでいて、ホテル予約不要だったじゃないか?っていう…。ライブが楽しかったので、盛り上がって朝まで飲みましたわ(^^;

その翌日は高速バスが間に合わなくなるかもしれない!と、ライブが終わったらダッシュで三宮駅まで向かって行き、ギリギリ間に合ったのを、今思い出しました(^^;

2004年4月3日、岐阜モダンカフェも、会場の作りが独特だし、やっぱり畑のど真ん中にあるような会場でした。

友達が「聞いたことない会場だなぁ」と、事前に会場に電話して、アクセス方法を聞いたらお店の人ですら、駅からの経路が案内できず、「分かりました!タクシー使います!」と言って電話を切ったと聞きました(^^;

この日のライブも楽しくて、やはり夜遅くまで飲んだっていう記憶があります。

…飲みの記憶しかないのでしょうか…(苦笑)。

何だかんだこの頃って、自分も本当におかしかった、最強にアホな痛い大人だったけど(今も大差ない…)、すっごく楽しかったツアーだったなぁ、って書きながら思いました。


TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of VULGAR]

そしてこの記事を書いている今年。

上記ツアーが2016年6月3日(金)名古屋から始まります…!

様々なアルバムの再現ツアーが予定されているようですが、そのトップが「VULGAR」。

もう、「VULGAR」は全通目指します…!!

自制心が必要以上に外れませんように…(苦笑)。

今、その当時、よく会場で会っていたり、一緒にライブ前後に遊んでいた友達も「ツアーが気になる!」と言ってくれているので、また10年以上前のように(笑)、同じ曲で盛り上がれたら嬉しいなー。

そう。

今一緒にライブに行っている友達は、「TOUR03 OVER THE VULGAR SHUDDER」くらいから一緒にライブに行くようになったんですよ。

かれこれ13年のお付き合いです。私、関東住まい、友達、九州住まい(友達は数年前、関東に引っ越してきましたが)。

当時から今も「同じ会場に行くなら、一緒にチケットを取ろう」なので、「一緒に行こう」というよりも「同じライブに行くなら」と、ライブに行くことが大前提っていう、よく「女性同士とは思えない」と言われやすい(笑)気楽なお付き合いなので、長続きしているのかもしれないですねー。


おまけ

パソコンのフォルダを見てみたら、当時、オフィシャルサイトからダウンロードできた「VULGAR Kit」が出てきた…!

暗い…。相変わらずこのバンドの写真とかライブの照明、暗い…。

が、とりあえず、珍しく衣装を揃えていたアー写を。

I Love Rock'n Roll

DIR EN GREYを中心に、沢田泰司さん、聖飢魔II、洋楽も含めて中学生の頃から大好きなハードロック/ヘヴィメタルについて、備忘録的なライブレポートやCDレビューなど、大好きな音楽に関係する話をしています。